EMC計測・診断・電波暗室のご用命はトーキンEMCエンジニアリング

  • Top
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • カタログ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
ENGLISH
EMC測定・申請代行
ホームEMC測定・申請代行>インフォメーション>BSMI議事録
 

2007年度  3月

情報処理および映像音響製品検査測定技術一致性検討会議事録
会議時間 九十六年三月十四日(2007 年3 月14 日)
会議場所 電気検験科技ビル 会議室
司会者 簡任技正 謝翰璋 氏
出席者 名簿参照
議事録の担当者及び電話 陳振雄 (02-86488058ext.626)

宣言事項

1. 経標三字第0950097860 号函によって、内装式電源供給器について、電源供給及び直流 電源からパワーに転換することを兼ね備える情報処理製品は安全規制の検査を執行す べきである。つまり製品の定格がDC input、かつDC to DC の電源転換装置を備える情報処理製品は、証明書を申請する際に安全規制の測定報告書を添付すること。
注:DC to DC 電源供給器の部分について、2005 年7 月の技術会議の宣告事項は下記 の通りである。

モジュールを含む供試機器の試験方式と要求:
1.1 供試機器内に含まれており、試験を実施すべき機器に属さないモジュールの場合 EMC:モジュールを含めて、機械ごとに測定試験を行うこと。
SAFETY:
(1)モジュールがIEC60950 或いはIEC60065 の製品による証明書を既に取得している場合、証明書及びモジュールの重要な部品リストを添付すること。
(2)モジュールがまだIEC60950 或いはIEC60065 の製品による証明書を取得していない場合、機器とともに試験をすること。

ETC の提案

議題1. CNS14336 についての問題:
保護搭載導体の寸法は必ず電源コードの接地線の寸法と同じか?或いは設備の定格値に基づいてCN14336 の表3B 電源コード導体の最小寸法に照らしあわせればよいか?
例:設備定格:8A
使用電源コード:2+E (1.25mm2)
2.6.3.3保護搭載導体の寸法は必ず電源コードの接地線の寸法1.25mm2と同じか?
或いは設備の定格値8A に基づいてCNS14336 表3B の0.75mm2 の保護搭載導体でよいか?
決議 CNS14336 表3B の規定に従うこと。

程智の提案

議題1. 製品名称:
Amplifier/拡大器の主機(POTIMAX) 高雄捷運系統緊急放送設備に用い、今回は31 台を輸入し、全部高雄捷運に使用する。その内緊急連絡系統、入構放送系統、発車、停止の放送及び修理などの系統の運用もRJ45 をルートとして使用している。
測定試験の際に顧客は下記のものを提供する事はできない。
1、 緊急連絡系統
2、 入構放送系統
3、 発車系統
4、 停止放送及び修理などの系統を周辺機器として測定する。

提議事項:
この製品は特別な場所及び専属用途に用いる。直接にケーブルでぶら下げる方法を変えて取得できない顧客の系統はEMI/CNS13438 Class A の測定条件にすることができるか?
決議 専属用途の製品のEMI 測定試験に関しては、下記の1999 年8 月の技術会議議題3 の決議を参照すること。
特殊な入力信号端子をもつ機器で、周辺機器も取得しにくい場合、ケーブルを接続して試験することができる。ただし、将来該当端子又は周辺機器が普遍化した場合試験を行う必要がある。

律安の提案

議題1. CNS13439
新旧版の差異は放射妨害の制限値が異なる以外に、アンテナ妨害電圧量の測定上にも少しの変化がある(添付参照)。つまり以前採用した置換法はなくなって、現在、律安では信号の経路に関連する挿入の損失、阻抗転換の損失などを予め測定してから、測定器のデータと各係数で計算し、測定値を得る。以前にある案件は、疎通によって認められたが、今後の案件の中で異議を避けるために、先に提出して討論する。

1997 年版:
5.4.2 同軸のアンテナ接続をもつレシーバーの測定

(1) レシーバーのアンテナターミナルと補助シグナルジェネレータは、同軸ケーブルと最小限の減衰値が6dB である抵抗と組合わせたネットワークによって測定セットをつながれる。(図10 を参照)
(2) 図10 の中で、レシーバー側から見ると、線路連結用のインピーダンスは、レシーバーのアンテナ側に設計された入力インピーダンスと等しい。
(3) 補助シグナルジェネレータの出力インピーダンスと測定セットの入力インピーダンスが必須の価値と異なるならば、別の調和パッドをつける或いは最低減衰値が6dB の減衰器を挿入する。(図10 を参照)。代わりに、直接に組合わせたネットワークを異なるインピーダンスに整合することで同じ目的を達成できる。
(4) 補助シグナルジェネレータの出力レベルはレシーバーのインピーダンスが75Ω に対して、周波数変調はレシーバーに対して60dB(μV)であるが、テレビ或いはビデオレコーダーに対しては70 dB(μV)である。必要に応じて、更に信号発生器の出力の方にアンプを加える。
(5) 周波数変調レシーバーの場合、信号は変調されていないキャリヤーである。テレビのレシーバーに対して、信号は破裂する色を含む完全な映像波形(第5.1.3 節で規定している図を採用できる)によって調整される視力キャリヤーと正しい相対的な振幅と頻度が調整されていない音声搬送波キャリヤーを合わせた信号である。
(6) テレビレシーバーは正確な信号を受けられるまでに調整されなければならない。そして、通常の絵が受けられるように、画面のコントロールを調整する。
(7) 測定セットは関連する頻率に合わせて、合理的な参考出力指示値を得るために、データ読みの表示を調整する。
(8) 繋がっているケーブルの名目特徴のあるインピーダンスと同じ出力値の標準的なシグナルジェネレータはレシーバーの変わりに繋がれている。そして出力電圧を調整し、測定器セットのデータと(7)の中の参考値と同じくさせる。
(9) レシーバーの筐体から同軸ケーブルを覆う層外部まで流れている無線周波数流は、同 軸のシステムに入り込んで、誤った測定結果を引き起こすのを防げられる。
備考: 補助発電機の出力信号は、測定器セットの入力ステージがオーバーローディングになる可能性があるので、注意すること。


2004 年版:
5.4.2 同軸のアンテナ接続をもつレシーバー或いは関連設備の測定 レシーバー或いは関連設備のアンテナターミナルと補助シグナルジェネレータは、同軸ケーブルと抵抗を組合わせたネットワークによって測定セットとつながれる。この組合わせたネットワークの最小限減衰値は6dB である(図7 を参照)
レシーバー或いは関連設備側から見ると、インピーダンスはレシーバーのアンテナ側に設計された入力インピーダンスと等しい。
測定される設備は必ず希望の信号と同じキャリヤーである。
測定器は関連の放射周波数に調整し、妨害の基準を測定する。このときはレシーバーのアンテナ側と測定の入力側の間の減衰に注意すること。
備考: 1. レシーバーの筐体から同軸ケーブルを覆う層外部まで流れている無線周波数流を防止する。例えば、陶鉄管などを使う場合、放射電流が同軸のシステムに入り込んで、誤った測定結果を引き起こす。

2. 補助発電機の出力信号は、適合に減衰をしなければならない。測定器セットの入力ステージがオーバーローディングになる可能性があるからである。 図7 同軸のアンテナ側から妨害電圧を測定する電路の配置図(第5.4.2 節を参照)

CISPR 13 (2004+A1: 2003)

決議 アンテナの電圧妨害測定を行う際に、下記の方法で測定する。
(1) CNS13439(2004 年版)によって、下記の図の配置のように、測定の際にEUT の妨害を測定器に伝送した時、組み合わせたネットワークは雑音を補助信号発生器(S.G.)まで伝送することを抑制する。また、補助信号発生器(S.G.)の信号源はEUT までに入力した際に、組み合わせたネットワークは信号源を測定器まで伝送することを抑制すべきである。
図7 同軸のアンテナ側から妨害電圧を測定する電路の配置図(第5.4.2 節を参照)

(2) CNS13439(1997 年版)の置換法。
EUTはPC Systemであり、類比或いはデジタルテレビの信号の転換カード(tuner card)を含む際、測定試験に用いる規格は何か?また、転換カード(tuner card)は8473.30.10.90-5 に属するか?
議題2 EUTはPC Systemであり、類比或いはデジタルテレビの信号の転換カード(tuner card)を含む際、測定試験に用いる規格は何か?また、転換カード(tuner card)は8473.30.10.90-5 に属するか?
28 8473.30.
10.90-5
その外に第8471.10,
8471.30, 8471.41,
8471.49, 8471.50,
8471.60, 8471.70
の項目の器械の部品及び
付属品(CLASS B のPC
メインボードとI/0 を持つ
Class B のPC
の付属カードに限る。ただ
FAX カード、Modemカード、
Fax/Modem カード及び他
の通信機能を持つ
付属カードは除く)
Other parts and accessories of the machines of subheading No. 8471.10, 8471.30,
8471.41, 8471.49,
8471.50,
8471.60 and 8471.70
(inspection scope: those only limited to Class B main board of computers and add-on cards with i/0 port; except for Fax Card, Modem card, Fax/Modem card and other add-on card with communication function)
CNS
13488
2002/1/18
決議1. EUT はPC Systemであり、類比或いはデジタルテレビの信号転換カード(tuner card)を含む際、CNS13438 に適合する外に、tuner 機能についてCNS13439 を加えて測定する必要がある。
決議2. Tuner card の従属問題について、関税総局或いは海関に問い合わせてください。
〒213-0023 神奈川県川崎市高津区子母口398番地 特定建設業の取得  許可番号: 神奈川県知事許可(特-24)第66858号
044-751-2316(営業部)